Macのセキュリティ対策

Macのセキュリティ対策

Macはウイルスにかかりにくい?

自分、全くのMac初心者でして、すっかり「Macはウィルスに感染しにくい」を信じておりました。

どうやらそんなことはないみたいですね。

とりあえずとセキュリティはファイアーウォールを入れたのみ。

ちゃんと使おう、と思ったはいいけれど、すっかり抜け落ちていました。

パスワード管理の前にこちらをやるべきでした。

何をしたらいいの…?

とりあえず、ファイアーウォールは入れて、ネットワークの設定を見直して、セキュリティソフトも何か入れたほうがいい。そんな知識しかない。

なので、こちら↓Nortonさんブログを参考にできるところから設定していきます。

2年ほど前の記事なので少々現在と表示が違うところなどありますが、基本は一緒のはずです。

 

被害の前に!Macを買ったら絶対にやるべき10の無料セキュリティ対策

 

アンチウィルスを入れてみる

まずは、無料のアンチウイルスソフトを入れてみる。

そして、有料のものを使う場合は個人的にはESETをお勧めします。軽くて快適♪

Nortonさんを参考にしておきながらナンですが…Nortonさんごめんなさい。

調べた結果、設定項目が少ないこちらを↓

MAC用無料ウイルススキャナー AVG
 

選んだ理由は、AV-TESTの試験では検出率100%であることと、設定項目の少なさ。そして動作がとても軽快であるというところ。

あんまり設定項目が多いと、自分でいじって自爆してしまう自信大です (-。- ; ←機械音痴

シンプルイズベスト。

で、インストールして、スキャン。

GoogleDriveに置いてあった、ちょっとした実行ファイルが引っかかった模様ですが、このファイルは問題ないので実質ウィルス0ということで。

よかった…。

Realtime Protection」(常駐監視)はオンにしておきます。

念のためにこちらでもマルウェア・アドウェアがいないか調べてみる。

動きが軽くサクッとスキャン完了。

 

ついでに「iWorm」にも感染していないかチェック。

iWormとは、macが感染するマルウェアです。

 

調べ方は

1.Finderメニュー「移動」→「フォルダへ移動」を選択し、

/Library/Application Support/JavaW

を入力。

「フォルダが見つかりません。」と表示されれば、感染なし。

感染していなかったようです。ホッ。

 

ネットワークを見直してみる

自分のMacのWi-fiを見てみると、セキュリティ警告が出ていました。

「WEPは危険」的な警告です。この間までは出ていなかったのに。

Nortonブログにも暗号化形式は「WEP以外を」とあります。

「なし」は論外なのはさすがに自分でも理解できます(笑)。

しかしMacの環境設定をいくら見てみても、暗号化形式の設定が見当たりません。

我が家はネット回線を引いた時にもらった、AUのHOME SPOT CUBEを使っています。

セキュリティ的にどうなのかな?ちゃんとしたルーター買ったほうがいいのかな?とかすかに思いつつも8年近く使っていますが、壊れることもなく不調になることもなく、トラブルなくとてもよく働いてくれていて満足です。

しかし、設定は一度もいじったことがありません。

むしろ設定できないと思っていました。

LANを差し込んでそのまま使えばいい、と工事のお兄さんに言われるがまま…。

もしかすると管理設定あるかも?と検索してみると…ありました!

こちらもだい〜ぶ古い記事ですが、モノは同じなので問題ありません。

 

auのWi-Fiルータ「HOME SPOT CUBE」をもっと活用しよう!セキュリティとか考えた設定方法

このルーターはSSID(ネットワーク)を3つ使えるようになっていまして、

1から3のネットワークのうち2だけが「WEP」を使えるようになっていてWEPでないとできないことがあった場合に使うものの模様。

パスワードが3つ書いてあったので3つとも登録していて、「2」に繋がっていた為に警告が出ていたということのようです。遅いながらも気付いて良かった…。

あまりにも玄人設定にすると自分では管理仕切れないので、必要最低限と思われるものを設定。

 

とりあえずの設定はできた

…おそらく…。

しかしこれで完璧なわけではないので、もっと安全にPCとインターネットを利用できるようにもっと勉強していきたいですね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ

セキュリティカテゴリの最新記事

https://emmblo.com/wp-admin/widgets.php